MiwaYasuoka Lab.

ドイツ国会選挙について

1932年7月ドイツ国会選挙は、1932年7月31日に行われた、ドイツ国会選挙である。中産階級の浮動票を吸い上げることに成功した国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が大勝を収め、ドイツ社会民主党を抜いて国会第一党となった。選挙後に召集された国会ではフランツ・フォン・パーペン内閣に対する不信任案が提出された。ナチ党が賛成に回ったため不信任案は可決され、これを受けてパーペンは国会を解散し、ドイツは再度の選挙戦へ突入することになった。

0 comments
Submit comment